使用許諾契約

ご利用の前に「使用許諾契約」をご確認ください。

※「達人CubeMiniシリーズ使用許諾契約」の内容は本書の通りですが、契約の成立はインストール時又は初回起動時にお客様が本内容に対して同意したときになります。

【必ずお読みください】
お客様は、この使用許諾契約に基づき株式会社NTTデータ(以下、「弊社」といいます)がご提供する「達人CubeMiniシリーズ」(プログラムとマニュアル、以下「本ソフトウェア」といいます)を日本国内で使用するにあたり、以下のソフトウェア使用許諾契約(以下、「本契約」といいます)の内容に同意していただく必要があります(同意いただけない場合、お客様は、本ソフトウェアを使用することはできません。)。

本契約の内容を十分にご確認の上、本契約に同意いただける場合は、「同意する」ボタンをクリック又は押下してください。

達人CubeMiniシリーズ使用許諾契約

(契約の成立)

第1条
お客様は、次の各号のいずれかを行った場合に、本契約の内容に同意したものとみなされ、このお客様の同意をもって、本契約は成立するものとします。
(1)
「同意する」ボタンをクリック又は押下したとき。

(著作権)

第2条
本ソフトウェアに関する著作権等の一切の知的財産権は弊社に帰属し、日本国著作権法並びにその関連して適用される法律及び国際条約条項によって保護されています。

(本ソフトウェア使用の前提条件)

第3条
お客様は、本ソフトウェアを利用するにあたっては、以下の各号いずれかの条件を満たす必要があります。
別途弊社が提供するサービスである「達人シリーズ(達人Cube)」(以下「達人Cube」といいます)の利用規約に基づく利用契約(以下「利用契約等」といいます)を弊社と締結した者(以下「達人Cube契約者」といいます)であって、利用契約等に基づき、弊社が指定したログインID、パスワード等を保有していること。
達人Cube契約者が指定したお客様(以下「達人Cube契約者」と「お客様」を合わせて「利用者」といいます)であって、達人Cube契約者が指定したログインID、パスワード等を保有していること。また、お客様は、当該ログインID、パスワード等を用いて本ソフトウェアを使用し、達人Cubeを提供する弊社センタ(以下「弊社センタ」といいます)にアクセスするにあたり、以下に同意していること。
a.お客様の各種ログイン情報(本ソフトウェアを使用する際のログインID、コンピュータ名、IPアドレス等を含むがこれらに限られない)について、弊社センタの故障状況等の分析のために弊社が取得し、使用すること。
b.達人Cube契約者(お客様に対してログインID、パスワード等を付与した者に限る)がお客様のアクセス状況を確認のために、弊社が当該達人Cube契約者へ各種ログイン情報を提供する場合があること。

(使用許諾)

第4条
利用者は、日本国内において、無償で、次の各号に定める非独占的な使用を行うことができます。
(1)
利用者は、本ソフトウェアを使用することができます。
(2)
利用者は、本ソフトウェアを自らが使用する目的において、利用者のコンピュータにて用いられる記録媒体に複製(本ソフトウェアのインストールを含む)することができます。
本契約は、利用者によって複製されたソフトウェアについても、適用されるものとします。

(禁止事項)

第5条
利用者は、本ソフトウェア及びその複製物を、本契約書に明示されている場合を除き、譲渡、貸与、リース、公衆送信(ネットワークに接続された機器へのアップロード行為を含む)、及びその他の方法による第三者への提供を行ったり、再使用許諾したりすることはできません。
利用者は、本ソフトウェアの全部又は一部について、翻訳、翻案、修正、改変、追加、及び逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング(実行ファイル、オブジェクトコード等を解析して人間が読み取り可能な形式に変換すること)を行うことはできません。
利用者は、本ソフトウェアに表示された著作権表示を削除することはできません。
利用者は、本ソフトウェアの表示画面及び印刷物を利用した出版物などの作成はできません。
利用者は、弊社の書面による承諾を得ることなく、本契約に定められる条件を超えて、本ソフトウェアを使用したり、本契約上の地位、本契約上の権利又は義務の全部又は一部を第三者に譲渡したりすることはできません。

(免責)

第6条
弊社は、利用者及びその他の第三者に対し、本ソフトウェアの動作保証、使用目的への 適合性の保証、使用結果についての的確性や信頼性の保証、及び瑕疵担保義務も含め、直接、間接に被ったいかなる損害に対しても一切の責任を負いません。
弊社は、本ソフトウェアが第三者の著作権、その他如何なる権利も侵害しないことを保証しません。また、著作権、その他の権利侵害を直接又は間接の原因としてなされる如何なる請求(利用者と第三者との間の紛争を理由に、利用者からなされる請求を含む。)に関しても、弊社は一切の責任を負いません。

(機密保持)

第7条
利用者は、本契約により提供される本ソフトウェア、その関連書類等の情報及び本契約の内容のうち公然と知られていないものについて、その機密を保持するものとし、弊社の承諾を得ることなく、いかなる第三者に対しても開示又は漏洩してはなりません。

(データ等の保全)

第8条
利用者は、利用者が本ソフトウェアを使用し、提供、伝送するデータ等については、利用者自らの責任で同一のデータ等をバックアップとして保存しておくものとし、弊社はかかるデータ等の保管、保存、バックアップ等に関して、一切責任を負わないものとします。
利用者及び弊社は、本ソフトウェアの提供において、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」第2条第5項に定める個人番号(以下「個人番号」という。)の取扱いにかかる業務を利用者が弊社に委託するものではないことを確認します。
弊社は、本ソフトウェアの提供において、個人番号をその内容に含む電子データを取り扱わないものとします。

(仕様変更等)

第9条
弊社は、本ソフトウェアの仕様を、事前に利用者へ通知することなく変更し、または本ソフトウェアの提供を廃止する場合があります。

(契約の終了)

第10条
利用者は、自らが複製した本ソフトウェア及びその複製物の全てを消去又は破棄することにより、 本契約を終了させることができます。
前項にかかわらず、利用者が本契約に違反した場合、本契約は終了します。その場合、利用者は、本ソフトウェア及びその複製物の全てを直ちに消去又は破棄することとします。
利用者は、理由の如何を問わず、本ソフトウェア使用の終了について弊社に対し 補償金その他いかなる名目での支払いも請求することはできません。
本契約終了後も、第6条、第7条、第12条の規定は有効に存続するものとします。

(輸出管理)

第11条
利用者は、本ソフトウェア及びそれに含まれる技術を海外に持出し又は外国為替及び外国貿易法(以下、「外為法」という。)上の非居住者に提供する場合(本ソフトウェアがインストール又は複製されたコンピュータ若しくは記録媒体を海外に持ち出す場合及び外為法上の非居住者に提供する場合を含みます。)は、外為法上要求される経済産業大臣の輸出許可を取得するなど、外為法及びその他の法律等に基づき要求される手続きを適正に行うものとします。

(管轄裁判所及び準拠法)

第12条
本契約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所として処理するものとします。
本契約の成立及び効力並びに本契約に関して発生する問題の解釈及び履行等については、日本国の法律に準拠するものとします。

平成28年6月20日制定

株式会社NTTデータ